辛口・麻辣料理好きならば必携!『涙を流し口から火をふく、四川料理の旅』

日本人に知られざる、現地四川料理の扉を開いてくれる名著!

陳健民さんのお陰で日本に広まり、現在も人気が非常に高い四川料理。

しかし、本場には日本で知られていない料理がまだまだ、それこそ無数にあり、辛い料理好きであれば大興奮する食の都だと思います。

僕も成都には2回ほど食べ歩きに行きましたが、大活躍してくれたのが今回ご紹介する一冊です。

四川料理に詳しい日本人の中川正道さんが書かれた本なので、安心して現地を食べ歩きすることができます。f:id:edomae-sushi:20200820163151p:plain

 

目次

  

『涙を流し口から火をふく、四川料理の旅』の魅力ポイント 

【魅力ポイント】

  • 四川の食べ歩きで全く困らない!
  • 四川現地の人すら知らない隠れた名店に行ける
  • 紹介されている料理のバリエーションが豊富

【この本がピッタリな方】

  • 辛い料理や麻辣(マーラー)料理が好きな人
  • 中国・中国料理好きな人
  • 旅行好き(眺めていて旅した気分になります)

 

『涙を流し口から火をふく、四川料理の旅』の紹介文

これは、初めて手に取った時、衝撃を覚えた一冊です。

中国に何度も行ったことのある自分にとっても、信じられないくらいマニアックな内容で!
成都の美味しいお店が網羅されていて、しかも圧倒的多数が路地裏の名店たち。

詳しい人から聞かなければ到達不可能なお店ばかりで、すぐさま成都に飛びたくなりました。

f:id:edomae-sushi:20200904093245j:plain

実際にすぐにチケットを取ったのですが、タイミングが良くANA便で往復5万円台と言う破格!

18歳の頃から愛用している中華包丁と中華鍋も携えたのは言うまでもありません(嘘)

 

そして、現地に着くや否やページをめくってハシゴを開始しました。

当然と言うか、まっさきに向かったのは麻婆豆腐発祥のお店ですが…

f:id:edomae-sushi:20200904095438j:plain

 

朝から開いているお店も多数紹介されているので、1日に回ったお店は5~7軒です。

この本があれば迷うことなくスムーズにハシゴが出来て驚きました。

f:id:edomae-sushi:20200904095504j:plain

 

…いや、1軒だけ迷いました。

なんと移転してリニューアルオープンしたお店があったのです。

しかし、地域住民の方にページを見せたところ移転先が分かり、たどり着く事が出来ました。

そちらのお店には、どうしても行きたかったのです。

なにせ名物料理の名前が【恐竜兔】。

ウサギを丸々1匹使った料理で、名前も見た目もインパクトが絶大だったので。

 

で、いざ登場した念願の料理はこちらの通りです。

f:id:edomae-sushi:20200904095431j:plain

料理名を裏切らない圧倒的ビジュアルインパクト!

 

頂いた感想としては、この料理1品だけで四川に飛んで良かった!と言う味わいでした。

ウサギ肉の魅力を引き出すと同時にハードな麻辣味が強烈なコントラストを作り出していて、日本で食べられない逸品です。

 

ちなみに、四川ではウサギが好まれていて、それからもグルメな土地柄だと感じるところです。

ウサギはフランスでも好まれるジビエで、サッパリな肉質なのに旨味が非常に強い食材です。

抵抗感のある方もいらっしゃるかもしれませんが、とにかく美味しい。

 

f:id:edomae-sushi:20200904095457j:plain

これもウサギを用いた干鍋(ガングォ)です。

スープ無しの鍋料理で、絶大な人気を誇ります。

f:id:edomae-sushi:20200904095452j:plain

お店の雰囲気。

上の写真の通り激辛な上に結構なボリュームの鍋(3人分くらい)でしたので、1人で食べきった時にはお店のスタッフが集合し拍手喝采笑顔で喜んでくれました。

 

また、四川は麺類の食べ歩きも面白いです。

f:id:edomae-sushi:20200904112853j:plain

f:id:edomae-sushi:20200904112858j:plain

f:id:edomae-sushi:20200904112903j:plain

f:id:edomae-sushi:20200904112908j:plain

流石、麺の大国で、辛い麺も多いので担担麺好きならば見逃せません。

ただ、担担麺は実は現地では非常に古典的な料理となり、進化系の辛口麺が続々と生まれている状況です。

 

f:id:edomae-sushi:20200904095446j:plain

四川料理博物館で食べた【豆瓣醬】。

自家製の長期熟成の豆板醤をふんだんに使用した現地ならではな逸品。

 

どうでしょうか?本に紹介されているごくごく一部の料理でも、四川に行きたくなりませんか?

 

まとめの一言!

知られざる四川料理との出会いを保証する一冊!

 

書籍の情報

書名:涙を流し口から火をふく、四川料理の旅

著者・編集:中川 正道、張 勇

出版社:書肆侃侃房

発行:2014年8月

頁:176ページ

本体価格:

【目次】
1章 グルメ
成都食べ歩きプラン
成都に来たら絶対食べてほしい料理ランキング
成都グルメマップ
四川名物料理 成都で愛される伝統料理
四川家庭料理 日本でもなじみのある中華料理
人気店の看板料理 世界中で愛される名品から今人気の料理まで
火鍋 これが本場の四川火鍋
四川の名物麺 まだ知られていない名物麺たち
ヘルシー四川料理 四川流の精進料理を食べよう
四川の夜食 最後はスパイシーな夜食で
成都周辺の名物料理
川南地方料理
四川料理博物館へ行こう

2章 リラックス
四川の茶文化
寛窄巷子
公園とお茶屋
おすすめのレトロな老舗茶館4選

3章 ショッピング
成都で買う中国お土産18選!
四川で使われるスパイス
錦里 巨匠たちが作る伝統的工芸品16選!

4章 四川への旅
世界も認めた四川省成都への旅
中国の古い街並みを訪ねる
四川チベットへ
成都の基本情報まとめ
成都のアンティークな人気ホテル9選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です